建築業務支援ソフトウェア アーキシートシリーズの概要

アーキシート」シリーズは、建築設計事務所のさまざまな業務を支援するために作成された、Excel(エクセル)の入力フォームです。

建築設計事務所における日々の業務の中で、表計算ソフト『Excel(エクセル)』を活用する場面は多いかと思います。
データ管理や積算・見積もり、帳票出力、などの他にも、CADデータと組み合わせて図面の中に表形式のデータを貼り付けたり、その逆に、Excel(エクセル)で作成した文書の中に、CAD図面を貼り付けたりと、その用途は多岐にわたります。

このように、表計算ソフト『Excel(エクセル)』は、建築設計事務所の経営部門、管理部門、設計部門などで幅広く使用されている便利なツールではありますが、みなさまの事務所では部門ごとや、担当者各々が個々に作成した多種多様なExcel(エクセル)データが混在してはいないでしょうか?それらの中には、内容が重複していて類似したデータはないでしょうか?
また、Excel(エクセル) で作成したデータ(帳票)ごとに、同じ数値や字句を何度も入力されてはいないでしょうか?
これでは、Excel(エクセル)の利便性が損なわれてしまいます。業務自体が煩雑になりがちで、作業効率が悪くなってしまいますし、何より入力ミスが発生する可能性が高まります。

建築設計業務支援ソフトウェア「アーキシート」シリーズは、それらの問題を解決します!

  • データの入力方法は、極力手間を省くように、定型的な字句は番号を選択して簡単に入力できるように工夫しています。
  • 同一内容の再入力が不要となるよう省力化を図っておりますので、最小限の入力で必要個所への転記が行われます。
  • より多くの皆さまの環境で動作可能となるように、一般的なビジネスシーンで広く利用されている Microsoft Excel で設計されています。
  • 「Excel(エクセル)」の入力フォームとして作成されていますので、セル幅の変更など書式設定のカスタマイズなどもお客様ご自身で自由に行っていただけます。
そして、建築設計業務支援ソフトウェア「アーキシート」シリーズは、実際に建築設計業務に携わっている一級建築士により作成されたシステムですので、実務ですぐにお使いいただけます。

建築設計業務支援ソフトウェア「アーキシート」シリーズは、無料体験版をダウンロードして試用することができますので、その機能を是非お試しください。みなさまの業務の一助になれば幸いです。

「アーキシート」シリーズ4製品の関係図は、下記のボタンをクリックしてご覧ください。
アーキシートシリーズの製品案内(ラインアップ)